index
シリーズ新年度施策紹介・ひとり親世帯民間賃貸住宅
家賃助成制度拡充

今年4月から、ひとり親世帯を対象に3人以上世帯に限り、助成対象の家賃上限が6万円から8万円に引き上がりました。

ひとり親世帯民間賃貸住宅家賃助成制度とは、民間の賃貸住宅に入居しているひとり親家庭に家賃の一部を助成して、生活の安定に役立てる制度です。

1995年・4月1日から制度がスタートし、今年で26年が経過しました。

これまでの対象条件は、?蕨市に1年以上住んでいるひとり親家庭?前年分の市民税が非課税世帯?月額1万円以上6万円以下の家賃を支払っている事。

しかし、約4年前に党市議団への市民相談で「3人子どもがいて男の子と女の子がいて部屋が2つ以上必要なのに上限6万円までって無理がある」との声がありました。そして2017年12月市議会で問題提起し、繰り返し要望を続けてきました。

制度拡充に
今年の3月市議会で家賃上限の対象が6万円から8万円に拡充されました。

当時相談された市民からは「これで助かる人が増えるね」「嬉しい」など喜びの声が党市議団に届けられました。