index
【3月市議会】3月1日に梶原市議が代表質問に立ちます - 予算などを審議する市議会が始まりました(2月22日)

22日に2018年第1回市議会が始まりました。3月23日まで。毎年2月下旬からの市議会では、新年度の蕨市の予算案などを審議するため、予算議会とか、年度末に行うために3月議会などとも称されます。

22日は、議会運営委員会が議会改革の視察を県外で行ったことの報告のあと、頼高英雄市長が施政方針表明を約30分間おこないました。市長は、現在の日本経済の状況に触れ、企業の利益は上がっているが肝心の市民生活においては景気回復の「実感がないという声が聞こえてくる」と述べ、市民の暮らしを支えるあったか市政の重要性を改めて強調しました。そして、これまでの市政の成果、3つの重点事業(安心・にぎわい・みんなにあたたかい)と、未来に向けた3大プロジェクト(超高齢社会への対応、蕨駅西口再開発、市庁舎の建替え)の推進について説明しました。⇒ 2018年度施政方針の全文はこちら

この市議会には、新年度蕨市一般会計予算など、計38件の市長提出議案が出され、理事からの提案理由説明が約1時間ありました。⇒ 提案説明詳細はこちら

次の議会日程は3月1日、2日、5日、本会議での代表質問と議案への質疑です。1日は、午前10時から新生会の代表質問があり、そのあと午後、梶原秀明市議が、日本共産党市議団を代表して市政の全般について代表質問をします。2日は、公明党、民進党、無所属が順次代表質問をする見込みです。さらに、日本共産党は、2日と5日に、2017年度一般会計補正予算、18年度国民健康保険会計予算、18年度介護保険会計予算へ、それぞれ質疑する予定です。