index
【競艇議会】第4回競艇企業団議会がありました(11月27日)

27日に、標題の議会がありました。会期は1日のみ。競艇場の建物2階に有料遊具施設を設置する「使用料条例〕と、関連経費、及び、競艇の売上が増える見込みによる補正予算の、計2件が提出されました。本会議での議案説明を受けて、私は総務委員会で詳細な質疑をしました。

競艇場建物の2階の約200坪分を、総工費1億2千万円で改修し(うち企業団が7千万円、ボートレース振興会が5千万円を負担)、フィンランド系ボーネルンド社の遊具を設置します。来年2月頃の開設で、6カ月から12歳の子どもを対象に、保護者同伴のもと、ボ社の教育を受けたインストラクターが子どもと保護者に遊びを提案するなどします。振興会とボ社が提携し戸田企業団に提案してきた、競艇場への導入は戸田が最初、子育て世代など若年層を競艇場に呼び込むことが目的との説明です。

当面の使用料は、大人・子どもとも1人2百円(大人は他に百円の入場料あり)。私は、子どもをギャンブルに近づかせないなどの教育的配慮、遊具施設と競艇場の導線を明確に分けることなどを求め、担当課長は配慮すると答えました。

補正予算は、遊具施設の関連予算の他、勝舟投票券発売金を57億円増額し、約381億円とします。他場での戸田分の売上げと電話投票が増えているとの説明がありました。