index
やさしい日本語の公民館講座(1月21日)

画像
21日の午後、標題の講座が中央公民館であり出席しました。2016年11月の市議会委員会視察で宇都宮市の外国人児童・生徒への教育の取り組みを視察をし、その直前に、岩波新書の「やさしい日本語」を読んでいたこともあり、2017年6月議会の一般質問で取り上げました。蕨市でもやさしい日本語を使うべきだと求め、担当部長は、「全庁的に取りくみたい」と答えていました。その後の1年半で、蕨市の外国人の比率もさらに増え、ゴミ出しの問題、母国の違いによる生活習慣のちがいなどによる、住民間のトラブルや誤解も増える中で、行政も対策をとるようになっています。県の多文化共生部門の担当者による講義と演習で、たいへん参考になる講座でした。