index
【議会運営委員会視察】議会改革に関する視察 - 2日目は米原市(2月5日)

米原市役所前にて(右は鈴木議員)
米原市役所前にて(右は鈴木議員)
米原市は人口約4万人、面積は約250キロ平方kmです。5日は東近江市をやや北上し、米原市役所を訪れ、ここでは議会改革の検証を中心に勉強しました。蕨市では、市長部局や教育委員会が、行政事務の点検評価を毎年実施していますが、米原市ではこれの議会版をやっていました。

大学教授が入り、外部の視点でより客観的に、議会が本当に改革されているか、市民に開かれているかなどをチェックしていました。たとえば、「自由かっ達な討議とプロセスの明確化」との評価項目では、「統合庁舎建設の委員会等において議員相互の自由討議はおこなわれたが全体として不十分」「発言をためらう場面がある」と、厳しい評価がされています。

昨年の9月議会の報告を載せた「議会だより」から内容を刷新し、市民により読んでもらえるようにと、電車の中吊り広告をイメージした「5分でわかる市議会」を、見開きページで表現するという改善には驚きました。