index
3月議会に関わる議案説明と、当面の行政執行についての説明がありました(2月6日)

3月議会が2月20日に開会します(正式な告示は13日の予定)。それに先立ち、市長提出議案の説明などが6日、日本共産党市議団あてにありました。

3月議会は別名「予算議会」で、蕨市の9つの会計の各予算を中心に審議します。他に、条例案9件、補正予算案7件、人事案1件、その他1件の、合計27件の議案を提出するとの説明でした。条例には、10月からの消費税増税に対応するための、手数料、使用料等の引き上げをおこなう「改正」が含まれています。いじめ問題調査審議会等の委員報酬を3倍近く引き上げる改正は、私の質問に対して、扱う対象が複雑で、弁護士、医師、大学教授などの有識者が参画できるように、引き上げたいとの説明が教育部長からありました。水道事業会計の資本を強化するためと思われる条例改正もあります。

今度の議会(3月議会)は2月20日に市長の施政方針表明があり、27日・28日が代表質問で、日本共産党から鈴木議員が27日に代表質問に立つ予定です。議案質疑は、28日後半の見込みです。

この日は、議案以外にたくさんの報告がありました。4点紹介します。(1)消防本部塚越分署の新庁舎設計作業が終わり、整備計画の概要が示されました。全体的に広くし、研修室や、女性署員のための設備を充実します。(2)中央公民館と西公民館のエレベーターの設計作業が終わり、設置位置が示されました。中央公民館は玄関入って、正面の集会室に至る手前の右側、西公民館は、玄関入って奥に進み階段の左側です。工事中でも日曜と夜間は、会議室などを使えるようにするとのことです。(3)第2次パートナーシップ計画の後期計画(2019年度から23年度)の案が示されました。13日から3月5日までパブリックコメントを受けるとのこと。(4)市民病院の将来構想案ができ、概要説明がありました。2月下旬頃から3週間、これもパブリックコメントを受けるとのことです。