index
子育て包括センター設置、大人の風疹予防接種実施へ - 保健センター運営委員会(2月7日)

画像
7日に保健センターにおいて、2019年蕨市保健センター運営委員会があり、市議会選出委員として出席しました。17年度、18年度事業の実施状況の報告と、新年度予定事業の報告がありました。新年度予定事業として、保健センターと児童福祉課が連携して子育て包括支援センター事業(妊娠期から子育て期まで切れ目ない支援を確保する仕組み)を実施すること、健康長寿事業での機器読み取り器を現在のりそな銀行に加え、公民館等に設置すること、39歳から56歳男性への風疹予防接種事業を行うことなどの説明がありました。また、保健センターの一部のトイレを洋式化することに関し、乳幼児用のおまるを設置すべきと、複数の委員から意見が出ました。事務局は、「設置を検討したい」と答えました。

既存事業の中では、がん検診などが例年通りの受診者数であることの他、特定保健指導受診率が16年度5・5%から17年度6・7%に伸び、健康長寿事業が参加者が増え効果もあがっている、妊婦歯科検診(18年度受診者93人)と20歳の歯科検診(同114人)が増加傾向である、などの特徴があります。