index
【3月市議会】(詳報)定期巡回サービス実施へ - 介護保険会計予算へ質疑

2月28日の本会議で私がおこなった、2019年度介護保険特別会計予算への質疑の内容は次のようです。
---
19年度の高齢者数は1万7380人、うち要支援・要介護者は約3142人を見込み、一人あたりの保険給付費は19937円で(昨年8月)、県内でも高い水準です。
【梶原】19年度のサービス利用の特徴はどうか。
【健康福祉部長】通所介護(デイサービス)や短期入所生活介護(ショートスティ)が伸びている。

【梶原】19年度開始を目指す定期巡回・随時対応型事業の概要、利用の仕方、費用等はどうか。
【部長】居宅を定期的に巡回する「定期巡回サービス」、電話を受けて訪問する「随時対応・訪問サービス」、看護師等が訪問する「訪問看護サービス」の3つを連携して提供する。費用は、訪問介護のみの利用で、要介護1で月6千円、要介護5で月2万7500円程度。

【梶原】特別養護老人ホームの入所者の負担額はどの程度であるか。
【部長】住民税非課税で年金等80万円以下の介護度3、「サンクチュアリ」の多床室の場合、介護利用料・食費・居住費で4万8240円、日用品約6千円、計5万4240円ほどである。特養ホームの食費の基準額は1日1380円、居住費の基準額は、「サンクチュアリ」多床室で1日840円、「第2サンクチュアリ」従来型個室で1150円、「いきいきタウン蕨」ユニット型個室で1970円。居住費と食費は所得等により減額される場合がある。

【梶原】介護労働者は、昼食を車内で食べるなど労働条件が大変厳しい。市ができる対策はどうか。
【部長】18年度制度改正で報酬加算の申請は14件出ている。加算をしっかりつけるよう指導はしていく。

【梶原】緩和型・住民主体の地域支援事業は、サービスの縮小になりかねないので実施は慎重にしてほしい。
【部長】実施事業所がない、利用者の安全性、有効性などに課題があり簡単にはいかない。