index
7月臨時議会
総務分科会報告
市議会議員 鈴木 智

7月20日の本会議終了後、予算決算常任委員会の総務分科会が行われました。

日本共産党は、歳入にかかわり、国からの新型コロナウイルス感染症対応地方創生交付金3億8855万1千円について、国等からの連絡や蕨市が行った計画書提出などの手続きの経過を確認しました。併せて新型コロナ物価高騰緊急対策(第7弾)について、町内でどのように行われてきたかについても経緯を質疑。答弁では、4月末頃に国からの連絡があり、5月当初より各部署で検討、その後、取りまとめられてきた経緯が示されました。

また、他の議員からは、地方創生交付金の算定についての質疑や保育園民間保育園におけるICT化の状況と国の補助金への影響、消防費で拡充となる酸素ボンベの装備状況などについての質疑がありました。